自動車保険の受取人は保険の種類と状況で変わる

ひと口に自動車保険安いと言っても、実際は賠償保険、傷害保険、車両保険と3つからなる保険です。
賠償保険は対人、対物、傷害保険は人身、搭乗者、無保険車、自損事故と対象が分かれていて、それぞれに受取人が違ってくることがあります。

このように、保険金はその内容や事故の詳細により受け取る人が変わるものですので、保険に加入する際はその辺りには注意が必要です。
万が一のときに、保険金が受け取れないということにもなりかねませんので、必ず理解しておくようにしてください。

賠償保険の場合、まず対人賠償保険はその事故の被害者の怪我の治療費や仕事を休んだ際の休業損害、また慰謝料などが発生します。
こういった保険金の受け取りはもちろん、被害者となります。
ただ、その被害者が死亡したときの受け取りですが、こちらは法定相続人となり、場合によっては複数人ということもあるのです。

次に傷害保険ですが、こちらは当然のことながら事故により怪我を負った被保険者が受け取りの対象となります。
ただ、正常な搭乗位置ではないところ、例えば、荷台やトランク、或いは窓から身を出したりしていた場合は、支払いの対象とはなりません。
また、事故により被保険者が死亡した場合は、法定相続人、父母、配偶者など近親者による保険金の受け取りの請求が可能となり、こちらも受け取る人が複数人になる可能性もあります。
また、車両保険の受け取りに関しては、被保険者となりますが、事実上支払いは修理業者ということになります。

万が一の事故のため、車に乗るのなら保険に加入しておくほうがいいいでしょう。
その保険も、賠償保険、傷害保険、車両保険と種類があり、それぞれに受け取る人が変わってきます。
例えば賠償保険であれば、被害者ですし、傷害保険であれば被保険者、また車両保険の場合は、被保険者ではありますが、現実的には支払いは修理業者に行われます。

ただ、被害者や被保険者が死亡した際は、その受け取りが法定相続人に移行するため、受け取る人数が増えることもあります。
また、その額によってトラブルも発生することも考えられるのです。
このように、保険には種類があり、受け取る人もその状況によって変わってくるということです。